> 会員ボランティアグループ活動紹介>森林を守るバナナくらぶ
  | | 会員ボランティアグループ活動紹介 |
  森林を守るバナナくらぶ

2005年の愛・地球博(愛知万博)で、バナナの茎から紙を作る体験会をしていたことを契機に、万博終了後も、”バナナの茎から紙ができる”ということを通じ、広く皆さんと一緒に、森林資源を保護し、地球温暖化防止を図っていこうと、グループを設立しました。

モリコロパーク(愛・地球博記念公園・地球市民交流センター)やとだがわ子どもランド、各種イベント会場などで、バナナの繊維を活用した紙すき体験、折り紙、モリゾー・キッコロの着ぐるみ等の活動をしております。

【活動日時・場所】
■扶桑町中央公民館(丹羽郡扶桑町大字高木字稲葉63)‐紙すき体験会講座
12月6日(日)10:30〜12:00

■地球市民交流センター‐モリコロ環境劇・紙すき体験
12月19日(土)10:00〜15:00

■東別院 - 東日本大震災被災者・福島の子ども達との昼食会
12月26日(土)10:00〜14:00





「森林を守るバナナくらぶ」のブログへ(外部サイトへリンクします。別ウインドウで開きます。)